Exciting ハイブリッドターフ Exciting

優れたプレー性と耐久性で、聖地・神宮球場に選ばれた人工芝。

ロングパイル人工芝の先駆けとして2000年に誕生し、時代とともに進化を続ける「ハイブリッドターフ」。そして今、施設管理者による人工芝選定基準の第1位となる「耐久性」と、期待する耐用年数「10年」に対応するべく開発された「ハイブリッドターフExciting」。まさに、高耐久に特化したモノフィラメント芝のハイエンドタイプです。

人工芝選定基準を考慮した、高耐久仕様。

より本格的なプレーを演出します

より本格的なプレーを演出します

天然芝に近づけたボールバウンドによって、スピード感があふれる守備やパワフルな打撃を実現。攻守にわたり、プレーヤーからより本格的なプレーを引き出します
適度な弾性が守備と走塁を支えます

適度な弾性が守備と走塁を支えます

柔らかすぎると長時間プレーした時に身体への負担がかかると言われています。充填材の配合を改良し少し硬めにすることで、選手の足腰への負担を軽減しています。
明るい2色のグリーンが美しい

明るい2色のグリーンが美しい

濃淡グリーンを混ぜ合わせた風合いにより、天然芝に近い外観を演出。スタンドからの印象をアップするとともに、プレーヤーにワンランク上の上質感を提供します。
断面構造

高耐久性と天然芝に近いプレー性を目指し、住友ゴムが独自に開発した特別仕様の人工芝。

400ミクロンと310ミクロンの極厚ヤーンの組み合わせで、さらなる耐久性の向上を実現した「ハイブリッドターフ Exciting」。新たに導入された住友ゴム独自の「新耐久性試験」により、実際のプレーによるサーフェスの摩耗損傷に近い状況を評価。耐久性の向上を確認しました。
ヤーンの起立性と充填材のホールド性を両立しました。

ヤーンの起立性と充填材のホールド性を両立しました。

極厚ヤーンを採用したことで、芝の起立性がさらに向上。しかも、形状をひし形と三角にしたことにより、しなやかさも確保しました。また、310ミクロンのヤーンは、1.5mmのワイド幅のため、充填物の飛散を大幅に抑制します。
充填物の配合により、天然芝のフィーリングに近づけました。

充填物の配合により、天然芝のフィーリングに近づけました。

充填材の配合を改良したことで、野球に適した自然なボールバウンドを実現。また、柔らかすぎないコンディションは、ボールの跳ねすぎを抑制するとともに、適度な踏み心地で、プレーヤーの足元をより安定させました。

ハイブリッドターフExcitingの実績

明治神宮野球場(東京都)
明治神宮野球場(東京都)
金光大阪中学校高等学校第1グラウンド(大阪府)
金光大阪中学校高等学校第1グラウンド(大阪府)
清原中央公園野球場(栃木県)
清原中央公園野球場(栃木県)

ハイブリッドターフExcitingの構造

ハイブリッドターフExcitingの構造
ハイブリッドターフExcitingの表面画像

ハイブリッドターフExcitingの標準仕様

人工芝パイル材質超耐久ポリエチレン
形状2種類モノフィラメント芝葉混撚
カラー/芝丈フィールドグリーン、ライムグリーン 2色共撚/62mm
厚み400ミクロン/310ミクロン
基布/バッキング綿付PP製平織布/PE・SBRラテックス混合体
充填物目砂/ゴムチップ細粒ゴムチップ/粒度調整特殊硅砂

人工芝の製品一覧

アンダーパッド・充填材の製品一覧

カタログ請求・お問い合わせ

YouTube
ハイブリッドターフInstagram
住友ゴム工業株式会社株式会社 住ゴム産業