実績No.1! 住友ゴムグループの総合技術力から生まれた、スポーツ専用ロングパイル人工芝、ハイブリッドターフ

  • 住友ゴム工業株式会社
  • 株式会社 住ゴム産業
プロ野球場、日本初。神宮球場にハイブリッドターフET-62施工。神宮球場が変わる。人工芝の歴史が変わる。26年ぶりの大改修を機に、神宮球場のグラウンドが、新世代のモノフィラメント・ロングパイル人工芝、「ハイブリッドターフ ET-62」に全面張り替え。この構造のロングパイル人工芝が、プロ野球の試合が開催されるスタジアムに採用されるのは、日本で初めてです。

Hibrid-Turf ET

大正15年(1926年)開場、東京六大学野球をはじめ学生野球の聖地として球史に名を刻み、現在は東京ヤクルトスワローズの本拠地としても知られる、明治神宮野球場。この名門スタジアムが、26年ぶりのグラウンド大改修工事を実施。その工事のメインとなったのが、これまでの人工芝から、新世代のモノフィラメント・ロングパイル人工芝「ハイブリッドターフ ET-62」への全面張り替えでした。導入にあたっては、事前に東京ヤクルトスワローズの選手やコーチのご意見を反映して、きめ細かなカスタマイズを行いました。さらに、神宮球場の厳しい基準にもとづくチェックを経て、手触り、外観、耐久性などいずれにおいても高い評価をいただき、採用に至りました。大改修を終えた神宮の、目にもあざやかな「ハイブリッドターフ ET-62」の上で、これからたくさんの感動のドラマが生まれることでしょう。

ハイブリットターフ ET-62(HP仕様)の構造

ハイブリットターフ ET-62(HP仕様)の構造

ハイブリッドターフET 神宮スペシャル仕様

品番:ET-62
人工芝 パイル 材質 超耐久ポリエチレン / 弾性樹脂混合体
形状 3Dワイドモノフィラメントヤーン・直毛
カラー/芝丈 フィールドグリーン・ブラウン / 62mm
パッキング ポリエステル製綿付 PP製平織布 PE/SBRラテックス混合体
充填物 目砂/ゴムチップ 粒度調整特殊硅砂/細粒ゴムチップ(黒・グリーン・ブラウン)
推奨用途 野球、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、多目的

Hibrid-Turf-ETの詳細ページへ

明治神宮野球場サイト
http://www.jingu-stadium.com/base.html