実績No.1! 住友ゴムグループの総合技術力から生まれた、スポーツ専用ロングパイル人工芝、ハイブリッドターフ

  • 住友ゴム工業株式会社
  • 株式会社 住ゴム産業

スポーツ用人工芝メーカーとして、人工芝グラウンドの実現に向けて、調査・ご提案から設計・施工までさまざまなお手伝いをいたします。

人工芝グラウンド 完成までの流れ

  • 現地の確認・調査
  • 提案書の作成
  • 見積書の提示
  • ご契約
  • 施工
  • 完成

人工芝グラウンドの実現に向けて、まずは現地の確認・調査が必要です。

新設の場合はもちろん、既設人工芝の改修の場合も、費用を算出するには、現地の確認・調査が必須です。
只今、住友ゴムでは「人工芝グラウンド実現サポート」として、現地の調査からお見積もりまで基本無料で行っています。

詳しくは、以下の特設サイト「人工芝グラウンドを造りたい!」をごらんください。

人工芝を造りたい!

お客様のご要望と調査の結果に基づき、人工芝メーカーとして最適なご提案をさせていただきます。

新設から改修まで、競技種目や用途に応じてフレキシブルにプランニング。

トッププレーヤーが使用する本格スタジアムから幅広いプレーヤーが集う公共グラウンドまで、用途や条件に合わせた設計プランをご提案。専用グラウンドはもちろん、複数の競技が行える兼用グラウンドのレイアウトなど、数々のプロジェクトで培った実績をベースとした設計力で、幅広いニーズにお応えしています。

  • Plan.01

    一つのグラウンドに、サッカー(白)1面と(黄)が2面、ラグビー(緑)とアメフト(青)、さらにソフトボール(茶)ができるラインとマークを入れた設計。用途に応じて多目的に利用できます。

  • Plan.02

    白のラインがサッカー用、黄色のラインがラグビー用の多目的グラウンド。左側にはハンドボールのコートを配置するとともに、右側のアウトフィールドには陸上用の人工芝を敷設した設計です。

  • Plan.03

    サッカー(白)をメインに、ホッケー(黄)とアメフト(青)の競技ラインを加えたグラウンド。それぞれの競技で効率よく利用され、サッカーは大会の会場としても利用されています。

  • Plan.04

    サッカーのラインにラグビーや陸上などのラインを追加した校庭。運動部だけでなく一般生徒の皆さまにも、授業や休み時間など幅広く利用されている多目的グラウンドです。

  • Plan.05

    ラグビー、アメリカンフットボール、サッカー部が活動できるグラウンドとして設計。フルコート1面とハーフコート1面を備え、それぞれに競技別のラインを入れた仕様です。

  • Plan.06

    アメリカンフットボール用のグラウンドの横に、ソフトボール用のグラウンドを配置した設計。アメリカンフットボールをメインに、スペースを有効に活用したプランです。

LOGO

オプションで施設やチームのロゴ入れも可能です。
施設のグレードアップに、ロゴやマークを入れることもオプションで可能です。競技ライン同様、カラーパイルを利用します。

Color Variation

ハイブリッドターフのカラーは、濃淡のグリーンの2色共撚が基本。それぞれを単色のグリーンにしたストライプ仕様※1をはじめ、ブラウンやオレンジの芝を利用したゾーン分けや競技別にラインのカラーを変えることも可能です。

排水設計

ハイブリッドターフは、人工芝、充填物ともに透水構造。雨の後でもすぐにプレーできる全天候タイプです。また、施設の形状や地層による水はけの状況に合わせて、最適な排水計画をご提案させていただきます。